不動産担保ローンの日栄倉庫TOP > ワンポイントアドバイス > 不動産担保の審査とは

不動産担保の審査とは

不動産に市場価値があること

不動産を担保に金銭の貸付をする時に、まず最初に担保に差し入れる不動産が一般の市場で売却可能かどうかをまず判断します。 固定資産税の評価額があっても、いわゆる森林や田畑、工場や特殊な建物などは買い手が付きにくく市場価格が無いと判断される場合が多いからです。 また、マンションなど築年数が極端に古い物件などもこれに当たります。

担保掛目(たんぽかけめ)

近隣の不動産業者などへの聞き込みを行い、売買事例などを元に担保物件の市場価格を求めます。 不動産は個別に価格決定の要素が多くあり、それにより標準的な価格より高くなったり、安くなったりと変動します。 一般的に不動産担保ローン業者は、その中古市場価格に60-70%の担保掛目を掛けて融資限度額を算出し、お客様に伝えます。
なぜ担保掛目は中古市場価格の60-70%程度しか出ないのでしょう。 それは、借主が、将来支払が出来なくなった時、法的手続きで貸付金を回収する場合の費用や、貸付から回収までの期間が長期になった場合の市場価格の値下がりリスクを考えているからです。

返済ができる収入

不動産担保ローンの場合は、借入金額も大きく、長期に亘って返済をしなければならないという商品的性質上、収入から経費を差し引いた利益(キャッシュフロー)がどれだけあるか、または事業計画上どれだけ見込めるかを審査します。 よって、年金生活や無収入の方は、不動産を売却される前提での不動産担保ローンのみ借入が可能となります。

指定信用情報機関

貸金業法の定めにより必ず借入申込者の同意の下に、指定信用情報機関に借入状況の確認をいたします。 他社の借入状況によっては、多債務と判断し、担保不動産があっても貸付は出来ないこともあります。

以上 上記の全ての項目を確認の上、最終的な貸付の可否、貸付金額の決定をします。