不動産担保ローンの日栄倉庫TOP > 用語集(あ行)

不動産担保ローン用語集

一般の方には馴染みが薄い専門用語・業界用語を中心に不動産担保ローンに関係する基本的な金融用語を解かりやすい内容で集めてみました。

あ行

遺産分割協議書(いさんぶんかつきょうぎしょ)
 遺産は相続人が複数の場合、全員の共同相続財産となり、その相続財産を具体的に誰にどのように分けるかを話し合うのが「遺産分割協議」です。 協議が成立したら、その結果として「遺産分割協議書」を作成します。相続人の数だけ作成し全員の署名・押印をします。 所有権の移転登記が相続の場合、その書類が必要となります。
一括返済(いっかつへんさい)
 売却前提の不動産を担保に売却までのつなぎ資金として借入をされる場合に、売却までは毎月の利息のみをお支払いいただき、売却時に売却代金から借入の元本を一括でご返済いただく方法です。
詳しくは返済方法の違いのページへ
違約金(いやくきん)
 契約等の取り決めにより定めた解約の損害賠償としての金銭的な対価。契約を解約した場合に支払う旨を契約当事者が予め約束した金銭をいいます。 不動産担保ローンの場合、長期の契約期間の途中で解約する場合に期限前償還を行うと中途解約違約金が発生する場合があります。
印鑑登録証明書(いんかんとうろくしょうめいしょ)
 不動産担保ローンの契約書に押す印鑑は、役所に登録した印鑑(実印)で行います。 役所に「印鑑登録証明書」を発行してもらい、抵当権設定契約書、登記手続きに必要となります。
印紙(いんし)
 金銭消費貸借契約書(いわゆるローン契約書)を締結した時には、所定の印紙を貼り付けて消印することで税金を納める必要があります。
延滞利息(えんたいりそく)
 金銭債務の不履行の場合に、弁済期が過ぎたことによる損害賠償として支払わなければならない金銭をいいます。 遅延利息、遅延損害金ともいいます。