不動産担保ローンの日栄倉庫TOP > 用語集(な行ーは行)

不動産担保ローン用語集

一般の方には馴染みが薄い専門用語・業界用語を中心に不動産担保ローンに関係する基本的な金融用語を解かりやすい内容で集めてみました。

な行ーは行

任意売却(にんいばいきゃく)
 不動産担保ローンの返済が困難になった場合、不動産競売を申し立てるかまたは不動産会社の仲介により債権者・債務者の調整を行い、任意売却により市場で担保不動産を売却することにより貸金を回収する。 任売(にんばい)ともいいます。
根抵当権(ねていとうけん)
 不動産等に設定する抵当権の一種です。 抵当権は特定の債権に対して設定されるが、根抵当の場合、一度抵当を入れて極度額(担保として認められる額)を定めるとその限度内で債権は担保されます。 不動産担保ローンの場合、抵当権・根抵当権のどちらでも設定可能です。
ノンリコースローン
 一般の融資では企業自体に資金を提供して、担保を処分しても債務が残る場合は、その後も返済の義務があります。 それに対し「ノンリコースローン」は、特定の事業を対象にした融資で、返済は担保の範囲内に限定されます。 その分、通常の融資より高めに金利が設定されています。
破産(はさん)
 債務者が債務を完済できない状態に陥ったときに,債務者の総財産を全債権者に公平に分配するための手続をいいます。 裁判所が申立てまたは職権で破産宣告をすると,破産管財人が選任されて破産者の財産を管理・処分し,その換価金で債権者に配当を行います。
表面金利(ひょうめんきんり)
 金銭消費貸借契約書に書かれた金利のこと。 利息制限法によると貸付時に掛かる手数料や調査料なども利息とみなされ表面金利にそのみなし利息を加えたものが実質金利となる。 不動産担保ローンの契約時に抵当権設定に掛かる費用(司法書士の費用を含む)や債務の弁済に掛かる費用は、経費として認められています。
変更登記(へんこうとうき)
 不動産の所有者が相続によって変わった時、所有者の住所が変わった時は変更登記を行います。 不動産登記簿の内容が現在のものと一致していなければ、不動産担保として評価が出来ません。 相続による変更登記の場合は遺産分割協議書に全員の実印が必要となりますので早めの対応をお勧めします。
物上保証人(ぶつじょうほしょうにん)
 他人の債務のために自分の財産の上に抵当権や質権を設定した者を〈物上保証人〉といいます。 保証人と異なって債務を直接に負わないが、求償権は保証人と同様に認められる。
本人確認書類(ほんにんかくにんしょるい)
 不動産担保ローンをご申込みされるときには、契約当事者が本人かどうかを確認する書類を徴求されます。 具体的には、運転免許証 ・旅券(パスポート)・住民基本台帳カード(写真付) ・各種年金手帳・各種健康保険証 等の公文書となります。
保証料(ほしょうりょう)
 保証料は、住宅ローンなどを借りる際に、金融機関が個人の保証人を取らない代わりに、金融機関系列の保証会社を付けることにより発生する手数料をいう。