所有権保存登記(しょゆうけんほぞんとうき)

« Back to Glossary Index

所有権保存登記とは、所有権のない不動産に付ける所有権の登記のこと。特に建物を新築した場合、どのような建物なのかを表示する「不動産表示登記」をしてから所有権保存をする必要がある。「不動産表示登記」は法律上必須であるが、所有権保存登記は必須ではない。ただし住宅ローンや不動産担保ローンを利用する際は必ず所有権保存登記が必要となる。

Posted by 定房俊行